大豆イソフラボンとリアップの成分に着目して薄毛改善

女性が薄毛になりにくい原因は女性ホルモンにあります。最近女性が薄毛で悩むようになるケースが多く報告されていますが、その女性ホルモンのバランスが悪くなったことから薄毛の症状を引き起こすことが多いです。また産後で抜毛が多くなる女性もいますが、その原因も女性ホルモンのバランスになります。また女性の体内の中には男性ホルモンもあり、女性ホルモンが少なくなることで、脱毛原因となる男性ホルモンが産生され、女性にも悪さをすると考えられています。

当然男性のなかにも女性ホルモンがあり、これが増えることで薄毛改善に繋がります。大豆イソフラボンは女性ホルモンを増やす食品成分として知られており、大豆イソフラボンを多くとることで薄毛改善にも繋がります。もちろん女性も男性も積極的に体内に取り入れてほしい大豆イソフラボンです。薄毛改善を目指している人であれば、この大豆イソフラボン成分と一緒に使いたいのがリアップです。リアップの主成分となっているのがミノキシジルになりますので、広義的な意味で言えばリアップを含むミノキシジル配合医薬品になります。

リアップに含まれているミノキシジルは、血管を拡張させる効果があり、血液を毛乳頭に運ぶ力を持っています。また薄毛の症状で悩む多くの人が毛乳頭が休止期になっていることが多いです。その休止期を活動期に移行させる効果もミノキシジルにあり、薄毛で悩む人であれば、リアップを含むミノキシジル配合成分は欠かせない医薬品になっています。

しかしもともとは血圧降下剤として使われていた医薬品であり、持病を持っている方は制限がありますので、まずは主治医に相談してから使ってください。女性にも使うことができますが、出産や産後の場合、使用制限がありますのでその点も注意が必要です。

ページトップへ